個人再生


個人民事再生手続は将来継続または反復して一定の収入を得る見込みのある者が、裁判所の監督のもとに、債務の支払いを停止した上で、再生計画通りに返済を行い、残りの債務に関しては免除を受けることができます。
債務の一部を3年程度で支払い残額を免除してもらう制度です。
費用も時間もかかりますが、住宅を守れること、債務の一部が免除されるという大きなメリットがあります。
民事再生は失敗すると取り返しがつかないことが多いため、司法書士とよく相談しましょう。


民事再生のメリット


○住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます。
○司法書士に依頼した場合、その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。
○司法書士に依頼した場合、その時点より民事再生成立まで債務を返済する必要がなくなります。
 (※裁判所によっては、返済資金のストックなどとして一定額の積み立てを求める場合もあります)
○利息制限法による引き直し計算により減額された元本を更に5分の1に減額します。
 (※元本の5分の1が100万円より少ない場合は100万円までしか減額されません。)
○利息制限法を超過して利息の支払をしている場合には、利息制限法による引き直し計算により残元本の減額が行われます。
○過払い金の返還も場合によっては可能です。
 利息制限法を超過する利息を取っている貸金業者と長期に渡り取引を継続していた場合、利息制限法引き直し計算によって残元本以上の返済をしている場合があります。
  その場合には、払い過ぎのお金(過払い金)の返還を求めることが可能です。
○自己破産のような、職業制限や資格制限がない。


民事再生のデメリット


●ブラックリストに記載されてしまうため、目安として5~7年間は自分名義で借金やローンができなくなります。
  (※銀行のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます 。)
●官報に掲載される。
●個人再生を利用するには一定の条件が必要となります。

司法書士・行政書士
土地家屋調査士小屋松事務所

〒862-0950
熊本市中央区水前寺1丁目4番31号
TEL:096-372-8500
FAX:096-372-8501