自己破産とは


自己破産とは、債務者が自分の全財産で借金を返済することが不可能になった場合、つまり任意整理、特定調停、民事再生といった自己破産以外の債務整理方法によっては借金解決の見込みがないという状態になってしまった人が自ら破産の申し立てをすることを言います。
自己破産手続きは、安易にお勧めすることはできませんが、自己破産者の借金を事実上ゼロにすることによって生活の再建・建て直しと、再出発(リスタート)の機会・チャンスを与えるというとても前向きな制度なのです。
人生をやり直すには最適な方法だといえるでしょう。

自己破産のメリット


○自己破産を申し立てると、債権者からの催促や取立てがピタリと止まる。
○自己破産をすると、これまで苦しんでいた借金が帳消しになる。
○自己破産をすると、人生の再スタートを開始することができる。

自己破産のデメリット


●自己破産をすると、個人情報がブラック扱いとなり、目安として5年~7年の期間、新たな借金・ローン・カードを作りることは困難となる。
●自己破産をすると自己破産したことが国の機関紙である官報に掲載される。
●公にはならないが、自己破産をすると自己破産者の本籍地の自己破産者名簿に記載される。また、本籍地の市区町村が発行する身分証明書に自己破産をしたことが記載される。
●自己破産開始決定から免責決定までの期間(約6ヶ月間)、行政書士、建築業者、測量業者、旅行業者など、一定の職業に就くことができなくなる
●会社の取締役等の資格制限は、新会社法施行後からなくなりました。
●自己破産をすると、連帯保証人に迷惑がかかることがある。


司法書士・行政書士
土地家屋調査士小屋松事務所

〒862-0950
熊本市中央区水前寺1丁目4番31号
TEL:096-372-8500
FAX:096-372-8501