熊本で相続、境界確定なら小屋松司法書士、土地家屋調査士へ

債務整理とは

 
一般的に債務(借金)の返済ができない場合は、実際には「任意整理」「特定調停」「個人再生手続き」「自己破産」の4つの方法があります。どの手続きに関しましても,残債務の確定をするため,原則として全取引について利息制限法に定める利率で再計算をいたしますので,実際に手続き方法が最終的に確定するのが,全債権者から取引履歴を開示してもらった後になることもあります。 弁護士や司法書士が債務整理手続きを受任し,「債務整理手続きを開始した」旨を各債権者に通知すると,債権者からの請求や督促が止まります。その後は,各債権者につき,手続きが終了するまでは,返済をする必要はありません。
行った手続きにより,手続終了後は,全くお金を支払わなくて良くなる場合,一括支払いまたは分割で支払っていく場合,後に記載する過払金の返還により,逆にお金が返ってくる場合があります。
借金問題は必ず解決方法がありますので、まずは専門家に相談しましょう。


お問合せ

TOPへ